2022年1月 ドコモの一部3Gネットワーク終了に伴う当社通信サービスへの影響について

平素は、当社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

NTTドコモ(以下「ドコモ」といいます)が提供する第三世代移動通信サービス「FOMA」(以下「3G」といいます)については、2026年3月31日をもってサービスを終了することがドコモから公表されております。

今般、ドコモから、設備集約の影響により、ドコモの800MHz帯のみでカバーされるエリア(以下「FOMAプラスエリア」といいます)に対応していない端末では、2022年1月から、一部のエリアで通話・通信のご利用ができなくなることが告知されました。

これにより、ドコモネットワークを利用してご提供している当社サービスにおいても、同様の影響が生じますので、下記のとおり、お知らせいたします。

お客様には、大変ご不便をおかけいたしますが、該当の端末をご利用の場合は、端末の買い替えやご利用サービスの変更等をご検討いただけますよう、お願い申し上げます。

  1. 対象となる当社サービス
    b-mobileおよび日本通信SIMでドコモネットワークを利用している全てのサービス
    (ソフトバンクネットワークを利用しているサービスへの影響はありません)
  2. 対象端末
    FOMAプラスエリアに対応していない端末
    *ご利用の端末がFOMAプラスエリアに対応しているか等、端末の詳細については、ご購入元またはメーカーにお問い合わせいただきますよう、お願いいたします。
  3. 対象エリア

    ドコモの800MHz帯と2GHz帯の両方の周波数でカバーされている3Gエリア

    エリアに関してはこちらをご確認ください。

  4. 対象端末で、対象エリアにおいて、対象となる当社サービスが利用できなくなる日
    2022年1月から
  5. 対象端末の種別ごとの影響範囲
<対象端末のうち4G対応端末(VoLTE対応端末)>
  • 対象エリアのうち、4Gを受信できないエリアでは、通話・通信のご利用ができなくなります。
  • 対象エリアのうち、4Gを受信できるエリアでは、4Gによる音声通話(VoLTE)およびデータ通信を従来通り利用できます。
<対象端末のうち4G対応端末(VoLTE非対応端末)>
  • 対象エリアのうち、4Gを受信できないエリアでは、通話・通信のご利用ができなくなります。
  • 対象エリアのうち、4Gを受信できるエリアでは、4Gによるデータ通信は利用できますが、音声通話のご利用ができなくなります。
<対象端末のうち3G専用端末>
  • 対象エリアでは、通話・通信のご利用ができなくなります。

本件に関するお問い合わせ先

日本通信ヘルプデスク
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在お電話でのお問い合わせを休止しております。
お問い合わせに関してはこちらをご覧ください

※「FOMA」は、NTTドコモの登録商標です。


TOP