eSIMとは?

eSIMを使う
メリットは?

eSIM対応端末

自分のスマホは
eSIM対応かな?

変更と再発行

新しいスマホ
にしたよ。

利用までの流れ

どんなお申し込み
方法があるの?
本人確認書類に
マイナンバーカードを
利用する場合
利用しない場合

利用までの流れ

どんなお申し込み
方法があるの?
本人確認書類に
マイナンバーカードを
利用する場合
利用しない場合

eSIMとは?

プラスチックSIMとの違いは?

eSIMは「embedded SIM」の略で、「埋め込み型のSIM」という意味です。
プラスチックタイプのスマホに差し込むSIMと違い、eSIMはスマホに内蔵されています。

eSIMの
メリット

SIMを差し替える手間がない

カードタイプのSIMと違ってSIMの抜き差しをする手間がありません。

環境にやさしい

埋め込み式だからプラスチックカードを使用しません。またゴミを出すこともありません。

さらば2台持ち

複数SIMの併用も可能なので、万一の障害のときに備えたい場合や、会社と個人で複数使っている場合など、1台のスマホで運用できます。

eSIM対応端末

申込方法は2種類の方法があります

eSIM対応の以下iPhone、iPad、Androidでご利用いただけます。

SIMフリーまたはSIMロックが解除された、EIDの先頭8桁が下記から始まる端末
「89049032」、「89033023」、「89033024」、「89043051」、「89043052」

  • EIDが条件を満たしていても、端末の仕様でご利用いただけない場合があります。確認方法はこちらをご覧ください。
  • 当社で利用できない事を確認できている端末は以下です。
    ・Rakuten Hand 5G

EIDの確認方法

【iPhone / iPad】
「設定」⇒「一般」⇒「情報」

【Android】
「設定」⇒「デバイス情報」⇒「SIMステータス」(端末によって項目名が異なります)

SIMロックアイコン

SIMロックが解除されているかは「設定 > 一般 >情報 > SIMロック」からご確認いただけます。

利用までの流れ

あなたに合ったお申し込み方法でお申し込みをしてください。

お申し込み方法 :Type 01

マイナンバーカード
スマホで読み取って
申し込む方法

マイナンバーカードをスマホで読み取るだけで、本人確認が瞬時に完了するので、eSIMの発行までの時間を大幅に短縮できます。

アプリでマイナンバーカードを読み取って申し込む方法
お申し込み方法 :Type 02

本人確認書類の写真を
アップロードして
申し込む方法

ご自宅で住所確認コードを受領し、開通手続きの申し込みが行われた時点で本人確認が完了します。

本人確認書類の写真をアップロードして申し込む方法

アプリでマイナンバーカードを
読み取って申し込む方法

STEP.2
eSIMの開通を待ちます

申込完了から開通までにかかる時間

10時-20時 お申込みから1時間以内に完了
20時-24時 翌日11時頃までに完了
0時-10時 当日11時頃までに完了

開通されたらメールでお知らせします。

STEP.3
スマホの設定をしたら完了です

スマホにeSIM設定とAPN設定をしたら利用開始です。(平均所要時間15分)

本人確認書類の写真を
アップロードして申し込む方法

STEP.1
WEBから申し込みます

画面に沿ってお申し込みを完了します。

STEP.2
住所確認コードが家に届くのを待ちます

お申し込み内容を確認後、住所を確認するためのコードを当社から郵送しますのでお手元に届くまでお待ちください。

「転送不要の普通郵便」にて平日のお届けとなり、土日祝の発送・配達はありません。FAQもあわせてご覧ください。

ご自宅のポストにお届けします
ご自宅のポストにお届けします
STEP.3
eSIMの開通手続きをします

住所確認コード、EIDをWEBに入力し、eSIMが開通されるまで待ちます。電話番号を引き継ぐ場合はMNP情報もご入力ください。(MNPワンストップでお申込の方は入力の必要はございません。)

開通までにかかる時間

10時-20時 お申込みから1時間以内に完了
20時-24時 翌日11時頃までに完了
0時-10時 当日11時頃までに完了

開通されたらメールでお知らせします。

STEP.4
スマホの設定をしたら完了です

スマホにeSIM設定とAPN設定をしたら利用開始です。(平均所要時間15分)

eSIMのお申し込みには
以下が必要です
本人確認書類(必須)
マイナンバーカード、運転免許証など、お申し込みには本人確認書類が必要です。
アプリでお申し込みの場合は、マイナンバーカードをスマホで読み取る事で瞬時に本人確認を済ますことができるのでオススメです。※マイナンバーカードの券面用パスワード、署名用パスワードのご入力が必要です。
クレジットカード(必須)
お支払いには、ご契約者名義のクレジットカードが必要です。
メールアドレス(必須)
マイページへのログイン、毎月のお支払い金額のお知らせなどに必要です。
EID(必須)
eSIMの識別番号をEIDと呼びます。eSIMの開通に必要な番号です。このEIDをスマホからコピペする箇所がありますので事前に場所を知っておくとスムーズです。
EIDが書いてある場所

iPhone・iPad
「設定」⇒「一般」⇒「情報」

Android端末
「設定」⇒「デバイス情報」⇒「SIMステータス」

※メーカーによって場所が異なります。

Wi-Fi環境(必須)
インターネットに接続できる環境が必要です。
MNP予約番号
ご利用中の電話番号のまま乗り換える方はMNP予約番号が必要です。

eSIMに係る手数料、
変更や各種手続について

初期手数料はSIMカードと同様に3,300円がかかります。

初期手数料(ご契約時の手数料) 3,300円

SIMカードからeSIMへの変更などのお手続きが、2022年6月13日よりマイページからできるようになりました。

eSIMに変更/再発行

以下のような場合には、マイページの「eSIMに変更/再発行」よりお手続きください。

手数料 1,100円
【SIMカードからeSIMに変更】
  • 契約中のSIMカードをeSIMに変更したい。
【eSIMからeSIMに(機種変更)】
  • 機種変更をしたので、新しいデバイスでeSIMを使えるようにしたい。
【eSIMの再発行】
  • 誤って「モバイル通信プラン」を削除してしまった場合。
  • PINロック解除コードの入力を10回連続して間違えて完全にロックされた場合。
SIMカードに変更/再発行

以下のような場合には、マイページの「SIMカードに変更/再発行」よりお手続きください。

手数料 3,300円
【eSIMからSIMカードに変更】
  • eSIMからSIMカードに変更したい。

注意事項

他社からお乗り換え(MNP転入)の方

他社から日本通信SIMにお乗り換え(MNP転入)の場合、転出元(契約中の携帯会社)の名義と日本通信SIMで契約する名義は同一である必要があります。

現在の契約名義がご家族などである場合、転出元の携帯会社で先に名義変更したうえで日本通信SIMをお申し込みください。

日本通信SIMでは名義変更することはできません。

お持ちのAndroid端末でeSIMがダウンロードできるか確認する方法について

EIDが条件を満たしていても「アクティベーションコード(Activation Code)」が必要な端末では、ご利用いただくことができません。

「設定」⇒「ネットワークとインターネット」⇒「SIM」⇒「eSIMを使用して番号を追加」⇒「SIMのダウンロード」⇒「ネットワークのQRコードをスキャン」と進み、QRコードスキャン画面で以下のQRコードをスキャンしてください(スマートフォンにより、項目名や設定場所が違う場合があります)。詳細はこちらのステップ1-1をご覧ください。

SIMをダウンロードする

eSIMのダウンロード可否により、下記のように表示が変わります。

・eSIMがダウンロードできる端末の場合
「サービスを有効にできませんでした...」のようなエラーメッセージが表示されます。

・eSIMがダウンロードできない端末の場合
「Invalid Activation Code: Mandatory field(s) missing. Check if all acFormat, matching...」のようなエラーメッセージが表示されます。

※端末によって表示が異なる場合があります。

ご契約回線数について

ご契約者様お一人につき、合計最大5回線までご契約できます。(日本通信SIMとb-mobileのご契約件数を合算します。データ通信専用SIMは5件のうちに含みません。)

iPhone・iPadでのSIM・eSIMとの併用について

2022年6月現在、OSの仕様により、APN構成プロファイルは、1つの端末に1つしかインストールできません。

iPhoneで併用をお考えの場合は、もう片方のSIMカード・eSIMがAPN構成プロファイルを必要としないものであることをご確認ください。

iPhoneで日本通信SIMカード←→日本通信eSIMを切り替える場合、都度APN構成プロファイルの削除/再ダウンロード/再インストールが必要です。したがって、この併用のパターンは利便性が著しく損なわれ、利用を推奨いたしません。

iPadで日本通信SIM←→他社SIMを切り替える場合、都度APN構成プロファイルの削除/再ダウンロード/再インストールが必要です。したがって、この併用のパターンは利便性が著しく損なわれ、利用を推奨いたしません。

iPadで日本通信SIMカード←→日本通信eSIMを切り替える場合、APN構成プロファイル操作が必要なく併用可能です。

ドコモ系eSIMとの同時申込について

同一のEID(eSIMの識別番号)で、ドコモ/ahamo/日本通信等のドコモ系eSIMを複数契約することができます。

※ 日本通信SIMをeSIMでご契約いただいた後に、eSIMプロファイルをダウンロードせずに、別の日本通信SIMやドコモ、ahamo等のドコモ系eSIMサービスを同一のEIDで申し込まれた場合、先にご契約していたeSIMプロファイルはダウンロードできなくなります。
再びダウンロードできるようにするには、有償1,100円でのeSIMプロファイル再発行が必要となります。

そのほかの注意事項

対面契約店舗でeSIMはご契約できません。webページからのご契約のみとなります。